肝斑に効果のあるハイドロキノン

 

妊娠をした頃から、両頬に肝斑が出てきました。始めは普通のシミかなとも思ったので、産後落ち着いたらレーザーで取れるかなと簡単に思っていました。
友達に相談してみたら、これのシミは肝斑だから普通のレーザーをしてしまうと、さらに濃くなってしまうよと教えてくれました。
「今は、肝斑用のレーザーもあるけれどかなりの金額だから、ハイドロキノンが配合された基礎化粧品を使うか、病院で薬やクリームをもらったほうがいいよ。」
とアドバイスしてくれました。肝斑は普通のシミとは違って、簡単にはなくならないようです。
年齢や、妊娠、ストレスなどが原因と言われてるそうですが、すべてなくなることはないみたい。
そこで、通販で買えるアンプルールという基礎化粧品を使ってみる事にしました。
すべてをそろえるとかなりの高いので、ハイドロキノンが配合されたスポットケア専用の美容クリームを買ってみました。
アンプルールは妊娠中や授乳期間中でも使えるので、授乳中だった私はアンプルールを選びました。